無料で読める占いサイト 大阪 Web文章 占い原稿執筆記事 トライン大阪株式会社 占い師
無料で読める占いサイト 大阪 Web文章 占い原稿執筆記事 トライン大阪株式会社 占い師 無料で読める占いサイト 大阪 Web文章 占い原稿執筆記事 トライン大阪株式会社 占い師
  1. 仕事メインの毎日、山羊座の月(2017年9月28日)
 

仕事メインの毎日、山羊座の月(2017年9月28日)

2017/09/29 仕事メインの毎日、山羊座の月(2017年9月28日)
このコーナーでは、私のホロスコープを解釈しています。

移動中に星の動きを観察しております。

ここ数年は土星が私の射手座のアセンダントの軸に接近したり離れたりしながら、個人の(個性を抑圧されるような感覚)を持っていました。

簡単に言うと自信の喪失…でしょうか。

前回の夢の話を書いていた時のワクワク感は消えさり… 

夢が破れ去ってしまったような感覚。

今のところ期待していた事は、進まないようです。

物事って必死に頑張るから達成されるものではない、現実の厳しさを目の当たりにしています(^_^;)

それでも自己満足でも何でも頑張る方の自分が好きです。頑張る人に憧れるし頑張る人が好きです。でも、時にはへこたれます…

そんな時は休息ですね。

ところで、山羊座の月の日は私の第1ハウス。社会での役割や仕事についてのあらゆる変化が、自分の身に起こってくるのです。

活動宮に天体が多い私のホロスコープは、活動宮に多くの天体が入った時は特に重苦しいです。

ガッカリする事にも慣れていかないと。

良い日も悪い日も勉強ですね〜。

月が第7ハウスの起点にいるため、自分を抑圧してくる土星は無意識に対人関係にも影響を与えてしまう可能性もあります。

客観的に物事を捉えて冷静に判断するということが重要になる時期であるかもと思います。

感情的なタイプなので、それが特に難しい事にもなります。

また、私の場合 本心ではそれが本当に土星の影響によるものなのかどうかさえもわからない…。(^_^;)

こうした世界で生きているからこそ、妙にそちらの世界に合わせようと解釈してしまうのか…未だに分からずにいます。

9月は乙女座の季節なので、地のエレメントに天体がない私のホロスコープは120度のトラインの調停がありません。

代わりに蟹座の土星や蠍座の天王星は、応援してくれます。
 
過去の人間関係や家族などかもしれないと考えています。

個人的には、山羊座の月の日はあまり得意ではありません。

でも、多くの場合こういった日に社会的な(仕事上での役割)などにおいて、ご依頼を頂ける事もあります。

火と風に太陽と月を持つ私は、やはり水瓶座の月の日の方がなんとなく明るいですが…。

そして、月以外の話をするとこれから土星は1ハウスへ向かい、5月までは第4ハウスの天王星からの刺激を受けます。

環境の変化が目まぐるしく、自分の在り方を見直す事が必要になる…と解釈。

年齢を受け入れ、経験や実績を積んだからこそのキャラクターの確立(1ハウス土星と4ハウス天王星がスクエア)を目指すべきだと理解しています。

それは自分を大改造するような感覚ですし、自分が将来もっと老いていく事も視野に入れて考える事の必要性を実感しています。

木星は蠍座の11ハウスに幸運なテーマをもたらすと思えるので、2017/10/10以降は仲間と親睦を深めていくスタイルを受け入れるつもりです。

相変わらず受け身で…(^^)

太陽が10ハウスの起点へと近づいています。9月末には冥王星が順行へ。

土星は一般的に試練を与えてくると言われますが、年齢を経て経験することが返って物事を重たくとらえてしまう…そんな印象があります。

これから、土星が山羊座の冥王星に1 〜2年以内に接近します。

天王星も牡牛座に移るため、地のエレメントに動かない象徴の天体が移って行きます。

またこの辺も解釈していきたいと思います。今日はこの辺で…